国民投票プロジェクトとは?

A national referendum ?

日本ではまだ一度も行われたことのない国民投票だが、「わたしたちの声」を抽出する方法として、国民投票は最も現実的かつ理想的なものではないかと考えている。
ただ僕が携わっているのは演劇であり、演劇なりのやり方で「わたしたちの声」を抽出することができるのではないかと考えた。これはフィクションであり、現実的な効力は全くないのだから、イエス/ノーで答える必要もなければ、敵と味方に分かれる必要もない。多数決が成り立たなくても一向に構わないわけである。また、国民投票では基本的に選挙権のある人しか投票することはできないが、僕らのプロジェクトでは選挙権を持たない未成年、子供、外国人など誰でも参加できる。さらに出来ることならば、生きている人の声だけでなく、すでに亡くなっている人やこれから生まれてくる人の声にも耳を澄まそうという考えである。国民投票ではこぼれてしまうような声までも掬いあげ、演劇ならではの方法で「わたしたちの声」を抽出すること。一ヶ月間のプロセス全体が「わたしたちの声」を抽出するための演劇アーキテクチャなのである。その声は個別で具体的でありながら「わたしたちの声」として体感されるものになるだろう。
国民投票プロジェクトとは、国民投票を演劇的に読み替えた「国民投票」である。

高山 明

A national referendum ? something that has never happened even once in Japan ? is a way to extract the voices of the people: It is surely the most real, and idealistic, thing today.
However, I thought that it might be possible to glean these voices through theatre. Since this is only fiction and has no validity in reality, there is then no necessity to answer with a final yes or no, or to segregate the sides of the debate as enemy or ally.
Even if no majority decision is reached I will not mind at all. Fundamentally, only the people with electoral voting rights can vote in a referendum. But for our interactive project we wanted even the disenfranchised to participate ? minors, children, and non-Japanese. If possible we had the idea of listening not only to the voices of the living, but even those who had already died or who will be born from now. This is a project to scoop up the opinions that overflow in a national referendum, procuring the “voices” via the means of theatre. This 1-month long process of theatricality will discern these voices individually and concretely, but surely also as a collective representation of the population’s mindset.
The “Referendum Project” is a voting event that theatrically re-reads the referendum concept.

Akira Takayama

都内11箇所および福島4都市への巡回プロジェクト!

Touring to around 10 sites in Tokyo and 3 cities in Fukushima

本プロジェクトは映像インスタレーションを搭載したキャラバンカーで、1ヶ月間の開催期間中、都内約10箇所、および福島県内4都市へと巡回する予定です。戦後史の光と影を象徴するモニュメント、都市に宿る記憶と現在が交錯する風景、未来への回路が開かれた特異な場所・・・。都市の既存の場所や建造物と対峙しながら、本プロジェクトは私たちの過去・現在・未来を繋いでいきます。

This project features a trailer truck with a video installation touring to around 10 sites in Tokyo and 3 in Fukushima prefecture, over the space of 1 month. The choice of places reflects a series of monuments to Japan’s post-war boom, landscapes where past memories intermingle with the present, as well as our now uncertain future.

トーキョー/フクシマ。中学生の「声」の集積が、未来への回路をひらく

Collecting the voices of school students for our future

本プロジェクトは、東京と福島にある複数の中学校や教育機関の協力のもと、総勢数百名もの中学生たちの参加を得て実施します。今、中学生たちは何を考えているのか? 彼らは今の社会をどう映し出しているのか? そしてその「声」は、いかに未来に向けて放たれるのか? 彼らの「声」に耳を傾け、そこから見えてくる私たちの未来への回路を探ります。

With the co-operation of educational institutions in Tokyo and Fukushima, “Referendum Project” has worked with hundreds of middle school students to collect their opinions. How will they reflect on today’s society? What are they thinking about now? What can we learn by listening to these young observers?

過去と未来を繋ぐ、多彩なゲスト陣を招いたフォーラムを連日開催!

Forums and talks featuring leading contemporary thinkers

本プロジェクトでは、議論の場を作り出すこと、またそこで語られる言葉自体も演劇プロジェクトの一部ととらえ、巡回地ごとに多彩なゲストを招いたフォーラムを連続開催します。日本の戦後史とともに大きな歩みを刻んできた著名な思想家、詩人、建築家、ジャーナリストらを論客に迎え、演劇の想像力を未来へと接続するための思想や方法を探ります。

“Referendum Project” is intended to stir debate at each of the sites it visits. Accordingly there will be talks and forum events with invited guests held where the trailer truck stops. A range of leading thinkers, poets, architects and journalists will gather to discuss and explore how theatre can connect with the future.
The full 10-strong line-up of guest speakers will be announced after it is fully finalized.

高山明:演出家

1969年生まれ。2002年ユニットPort Bを結成。演劇を専門としない表現者たちとの共同作業から、既存の演劇の枠組を超えた作品を発表。F/T10では、インターネットから観客を都市の現実へと接続する作品『完全避難マニュアル 東京版』で話題をさらった。また、F/T09秋で発表した『個室都市 東京』は11年の「ウィーン芸術週間」に招聘され、国際共同製作による『個室都市 ウィーン』に発展、ドイツ語圏で高い評価を得た。

Akira Takayama [Japan]

Born in 1969 and formed Port B in 2002. Specializes in collaborations with people outside the theatre world and in work that goes beyond the conventional definitions of theatre. His “The Complete Manual of Evacuation ? Tokyo” at F/T10, which connected visitors to the realities of the city via the internet, drew widespread attention. Further, his F/T09 Autumn work, “Compartment City ? Tokyo” was invited to the 2011 Wiener Festwochen and re-imagined as “Compartment City ? Vienna”, attracting much acclaim from the German language media.

構成・演出:高山 明 / ナビゲーター:阿部 純、鴻 英良、斉藤齋藤、山田亮太(TOLTA)他 / 映像ディレクター:玄 宇民 / インタビュアー:田中沙季 / 翻訳・海外メディア担当:松山直希 / 舞台監督:清水義幸(カフンタ) / 美術:江連亜花里(カフンタ) / 技術:井上達夫 / 演出助手:橋本昌幸、ジャン=フィリップ・マルタン / リサーチ補:関口文子 / プロジェクトアドバイザー:猪股 剛 / フォーラム出演:リサーチにより決定 / 画像提供:荒木博志、江戸川アートミュージアム / 製作:フェスティバル/トーキョー、Port B / 共同製作:ウィーン芸術週間 / 助成:公益財団法人セゾン文化財団、企業メセナ協議会GBFund(東日本大震災 芸術・文化による復興支援ファンド) / 主催:フェスティバル/トーキョー

Concept, Direction: Akira Takayama / Guides: Jun Abe, Hidenaga Otori, Saitoh Saitoh, Ryota Yamada (TOLTA), others / Video Director: Woomin Gen / Interviewer: Saki Tanaka / Translation, Overseas Media: Naoki Matsuyama / Stage Manager: Yoshiyuki Shimizu (Kafunta) / Set Design: Akari Ezure (Kafunta) / Technical Manager: Tatsuo Inoue / Assistant Direction: Masayuki Hashimoto, Jean-Philippe Martin / Research Assistant: Fumiko Sekiguchi / Project Adviser: Tsuyoshi Inomata / Forum Participants: Decided based on research / Images: Hiroshi Araki, Edogawa Art Museum / Production: Festival/Tokyo, Port B / Co-Production: Wiener Festwochen / Support: The Saison Foundation, Association for Corporate Support of the Arts, GBFund The Northeast Japan Earthquake Restoration Fund / Presented by Festival/Tokyo